概念

トラブルにより落ち込みや怒りそうになった時の考え方

トラブルにより落ち込みや怒りそうになった時の考え方

【良い目的がある】

 

 

今ブログを書いている。
文字に起こすのに時間がかかるタイプ。
一記事書くのに二時間ぐらいかかる。

 

 

すらすら書けるものではない。
言葉も選ぶし、言葉一つで伝わり方
が変わるし、単純に言葉が出てこなかったり。

 

 

メッセージがあってもそれを
うまく説明するのに時間を要する。

 

 

この記事とは別に書いていた記事が
パソコンの不具合により保存されて
いなかったみたいで、パァーになった。

 

 

熱を入れて書いているだけに
その反動は大きい。

 

 

やるせない…
一つの作品が台無しになった。
もう一度その記事を書こうとは
今は思わない。

 

 

だからこうやって
今起きた出来事を綴っている。

 

 

パソコン上でのトラブルや
その他のトラブルでも
時間をかけてやってきたものが
全て水の泡になってしまうことが
過去にも幾度となくあった。

 

 

すごく落ち込んでしまうことや
かなり怒ってしまうことも。

 

 

あなたもそんな経験があるはず。
どう対処してきただろうか

 

 

今回僕の書き綴った文章も
消えてなくなった。

 

 

やるせない…
怒りは来なかったけど
やるせない…

 

 

じゃあこういう時
どう切り替えたらいいのか

 

 

もう全く別の事を何かする。
気持ちをリセットするため
起きたことをなるべく考えれない
状況を作る。

 

運動して汗を流すというのも
効果的だと思う。
体内にあるものを外に出すと
気持ちがリフレッシュされて
スッキリする。

 

 

またもう一度がんばろうと
いう気になれる。

 

 

起きたトラブルの度合いによって
精神的ダメージは違うから
レベルに合わせて対処法を持っておきたい。

 

 

何か起こった時に自分の考え方、思考のクセが
あると思う。
そんなクセを変える言葉と出会うことができた。

 

 

この言葉が自分の脳に刻まれてから
すごく生きやすくなったし、
気持ちの切り替えが早くなった。

 

 

その言葉は

 

 

 

 

 

「全ての物事には良い目的がある」

です。

 

 

何か自分にとってネガティブに感じる
出来事があった場合、この言葉を思い返す。

 

 

今回のことで言うと
時間をかけて書いた熱のこもった文章が
トラブルにより全て消去された。

 

 

この出来事にも良い目的がある
と捉えるようにシフトする。

 

 

消去されたけども
消去されたからこそ今この出来事を
また文章に綴ることができている。

 

 

そして
自分の脳に刻まれている
全ての物事には良い目的がある
という言葉を伝える事ができている。

 

 

これはパソコンのトラブルがないと
実現しなかった事だと思う。

 

 

どんな事にも応用できる心強い言葉。

 

 

交通事故にあった時も
この言葉が自分の助けになった。

 

 

必ず何かしら良い目的があると
捉えることが出来れば、
悪いことが目の前で起こっても
良い理由や要因を探し始める。

 

 

人間の脳は都合良くできている。
だからうまく使ったら良いと思う。

 

 

今から起きるであろう物事を
コントロールすることは出来ないけど、
起こった物事に対しては、自分の
コントロール次第でどうにでもなる。

 

 

「何で自分にだけこんな事が起きるんだ」
「最悪だ…」

 

そう思ったらすぐ考え方を変える。
これは訓練だと思う。
思考のクセがあるだろうから
いらないクセは削ぎ落としていく感じ。

 

 

そうやって
自分の人生を自分で生きれるようにしていく。
これは、これから先も永遠の課題。

 

 

 

ご覧頂きありがとうございました。

URL
TBURL

コメントする

*
*
* (公開されません)

Return Top
Warning: getimagesize(/home/yuri0110/yuritakayuki.kyoto.jp/public_html/wp-content/themes/dp-graphie/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/yuri0110/yuritakayuki.kyoto.jp/public_html/wp-content/themes/dp-graphie/functions.php on line 990