ダンス

プレッシャーを感じている

プレッシャーを感じている

【練習をする意味を考える】

 

 

最近、自分の中では踊りの練習をする
機会が増えている。

 

 

練習というのは自分を向上させるために
どうしてもやらないといけない。

 

 

やらないといけないと思うこと、思えることは
大事だと思っている。

 

 

常に自分のペースで出来てしまうと
こういう言葉は出てこない。

 

 

今自分が見ている理想の踊りのクオリティーと
今現在の自分の踊りのクオリティーに物凄く
差異がある。

 

 

この差異をどうしても埋めたい。
埋めるためには頭でイメージするだけでは
到底無理な話。

 

 

イメージと体を合致させるために
練習をしている。

 

 

何度も踊る。
反復させる。

 

 

まだまだ体の使い方が雑な事に気づかされる。
でも一つずつクリアしていけば、さらに飛躍
することは可能だと感じている。

 

 

参考記事  くやしいはすばらしい

 

 

練習は決して楽なものではない。
ただ、踊りに行く前の気分はそんなに悪くない。
むしろやるぞって感じ。

 

 

いざ踊り始めるとけっこう気持ちに
負荷がかかる。

 

 

やればやるほど良くなると思っている
からこそ、終わりが見えてこない。

 

 

だから苦しいし、反復させる練習は
むちゃくちゃ楽しいとも思わないから。

 

 

でもちょっとずつ良い変化が自分で
実感できるとそれには小さな快感を感じる。

 

 

練習自体を楽しむというよりかは
この気持ちの感じ方が大切なんだと思う。

 

 

練習を闇雲にやりながら何かを見出していくのは
かなりハイセンスがいる。

 

 

ある程度目的を持ってやることが
変化を自分で感じれるようになる
要素だと思うから、何をしに練習に
いくのか明確にしておくことも大事。

 

 

練習していると
このままでは全然ダメだから
やらないといけないと思う。

 

 

じゃあ何でそう思うのか

 

 

自分のダンスの向上のため。
というのもそうなんだけども
より良いものを届けたい思いが
強いから。

 

 

最高に良いと感じているものを
最高の状態で、
見ている人に最高だと感じてもらいたい。

 

 

そんな自分に期待しているんだと思う。
自信が全くないわけじゃない。
そう思うのもチームでやる、魅せるという
ことからきている。

 

 

参考記事  自信がない本当の理由

 

 

周りの期待の目を意識する。
自意識過剰な部分もあると思うけど
少なからず期待はされているはず。

 

 

こういう思いや期待が強ければ強いほど
プレッシャーが自分にかかってくる。

 

 

本番での緊張の度合いもハンパない。
でもこの緊張の振り幅が踊りにも
影響してくることを知っているし、
分かってる。

 

 

緊張を取り除こうとは思わない。
というかそれはどうしても無理だった。
自分の特性上、排除できない。
だから受け入れるしか方法がない。

 

 

僕とは逆に緊張をしないという人もいる。
僕からすれば考えられないけど、
どちらが良いとかは別にない。

 

 

自分のあり方であれればそれでいい。

 

 

プレッシャーや緊張を感じれることは
すごくありがたい。
それだけ自分が期待しているし、
自分に期待してくれている人も
少なからずいてくれる現状。

 

 

普通に生活していたら絶対感じることが
出来ないことだといつも思う。

 

 

何度経験しても慣れる事はなく、
非日常的な感覚がある。

 

 

だから積み上げてきた日常(練習)を
存分に出したい。

 

 

これが強く根本にあれば苦しい
練習もやらないなんて発想にならない。

 

 

だから今日も僕は練習をする。

 

 

 

ご覧頂きありがとうございました。

URL
TBURL

コメントする

*
*
* (公開されません)

Return Top