福知山ハウスダンス

韓国の二人が京都に

韓国の二人が京都に

 

つながり

 

 

先週の話

韓国から京都までレッスンを受けに来てくれた。

僕は京都にあるスタジオashというダンススタジオで

レッスンをさせてもらっている。

もうかれこれここでレッスンをするようになって

6年ぐらいになるんじゃないかなと。

不思議なもの。

インストラクターとして今やっていることに。

 

 

このスタジオで今もなお色んな人たちとの出会い、交流がある。

その中に今回のようなつながりがある。

韓国と少し縁があってか

というか

一人の韓国人(ジェファン)との出会いが完全にきっかけになっているわけだけども

そこから少しずつ輪が広がっている感じ。

 

 

何か論じたいわけじゃなくて

うれしいなぁって

そう思う。

かといって

いつも来てくれている生徒さんに何も感じていないわけじゃない。

あしからず。

 

 

レッスンだけにとどまらず

個人レッスンの要望があって引き受けることにした。

個人レッスンに対して積極的な思いは僕にはない。

なぜなら色んな意味で大変だからと言わざるをえない。

誰か一人のために時間を作る。

決して簡単ではない…

でも本当に獲得精神を持った上昇志向な人には

出し惜しみするつもりもないし

する必要もない。

くれくれちゃんや

何かをやってもらったり

来てもらったり

それを当たり前に思っている人。

自分の周りを限定して言っているわけではなく

全体的に見て少なくないと思う。

 

 

意識の水準が高い人ってそう多くないと思っていて

自分自身がそんなに高いとは思っていないけども

そんな僕からみて

すごいなって思える人が周りにいるだろうか

どうだろう!?

 

 

とにもかくにも

個人レッスンはいい時間になったんじゃないかな。

少なくとも僕自身はいい時間にできた。

遠いところまで足を運んでくれたこと

自分に会いに来てくれたユンソク。

どうもありがとう。

間に入って取り持ってくれたヘヨン。

どうもありがとう。

また二人と一緒に踊れたらいいなと思っています。

 

 

次は千葉でワークショップが控えている。

いい時間にしたいと思っているし

何かを伝えた先に自分の領域が広がっていたらいいなと思う。

教えさせてもらうことでまた勉強。

コツコツと。

 

URL
TBURL

コメントする

*
*
* (公開されません)

Return Top