ダンス

SYMBOL KYOTOを最後に

SYMBOL KYOTOを最後に

 

少し落ち着いた

 

今年入ってから9月までは予定がそこそこ詰まっていた。

その時その時でなるべく書き留めようと努めているけど

綴れていなこともしばしば。

昨日、SYMBOL KYOTOという大学生イベントがKBSホールであり

ゲストとしてショーに参加してきた。

以前にも出演させていただいたことがあった。

場所も同じだったけど行ってみてもあまりピンと来ず

記憶が曖昧(笑)

 

大学生の活気が熱気となって会場全体がホットだった。

というのは想像。

 

でもそんな雰囲気は感じた。

実際のところは控え室にいたのでよく分からない。

 

僕のチームメイトのKAZUKIYOが大学生はおもしろい、

ダンスを楽しんでいると言っていたので

そうなんだと思う。

 

大学生はどのイベントに行かせてもらった時も

丁寧に細かく対応してくれる。

代々それが引き継がれていて

これが1つの文化になっている。

ご苦労様です

と言いたくなる。

裏側で一生懸命動いて頑張っているのが

いつも印象に残る。

ありがとうございました。

ちなみにショーはダメダメでした…

言葉にならないです笑

 

ついでに

 

8月4.5日は長崎でワークショップとショーをした。

長崎の街並みも少しだけ見慣れてきた。

一年経たない間に3回も呼んでもらえたからだと思う。

 

行く度にここで治療を受けている。

今回で3回目。

看板が新しくなっていた。

個人的には寂れている感じが好きだったので少し残念…

ここに行って体をニュートラルな状態にしてもらっている。

長崎に行ったことをかなり短編にまとめている動画があるので

どうぞご覧ください↓

 

 

ついでにその時のショーも↓

 

 

 

 

 

福岡バトルジャッジ

 

2018.8.25

ジャッジは好き好んでやってはいないけども

福岡となると興味深かった。

オーガナイザーの方にいつか福岡に呼びたいと言って頂いていて

今回それが実現した。

バトルを見終えて、

九州の現場のダンスをリアルに感じれて単純によかった!

おもしろかった。

ヒップホップが圧倒的に多かったわけだけども

小学生、中学生、高校生、一般どの部門も見応えがあった。

この年で

「そんな間で踊れるんやぁ」

「力の抜き入れがいいなぁ」

「その質感かぁ」

「ボディバランスとコントロール!?」

レベルはかなり高かった。

 

自分のダンス熱の現れ方が様々で

踊りのバックボーンは同じだけども

だからこそ見ていて違いを感じやすかった。

素直にカッコいいなぁって思った。

どんどん磨かれていくんだろうなぁという

想像も容易にできた。

 

坂見誠二さんとお会いできたのも貴重なことだった。

昔からこの日本のダンス界を築かれて来られた重要人物の一人。

61歳。

肌がピチピチで驚いた!!

きっと人生の生き方が

素敵なダンスライフからくるものなのだろうと勝手に解釈。

どの年齢の方と接する時も対等にフランクな方で

ダンスに貪欲な人だなと打ち上げの席での話を聞いていて痛感した。

姿勢を見習いたいと本当に思った。

少しの時間だったけど意義のある日になったしできた。

CHIKARAさんに感謝。

ありがとうございました。

 

 

福井・HEADZ UP!!

 

2018.8.26

福岡の次の日

福井県でスタジオの発表会に参加。

福井県でもハウスダンスのクラスを持っていて

教えさてもらっている。

僕のナンバー作品も出させていただいた。

舞台袖からの映像↓

 


 

一番レベルの高いクラス・Pioneer Food

同世代の子達。

小6〜中3の四人。

これから楽しみな逸材。

田舎から都会に挑戦していい意味でヤバくなっていってほしい!

少しでもそのきっかけになれればなと思っている。

もちろん、おこがましいし差し出がましいのは承知の上。

 

失敗しながらも、人を選ぶということを培っていってほしい。

今の時代、先生が生徒さんを選ぶのではなく

生徒さんが先生を選べる時代。

それだけ溢れかえっている昨今。

素晴らしい人格者もいるけども

そうではない人もたくさんいるわけ。

みんなが行っているから僕も私も行く。

では危ない。

たくさん生徒さんがいるからそこの先生は素晴らしい。

ということでは実はない。

先生が素晴らしいからたくさんの生徒さんがいる。

これは十分にあり得る。

逆もまた然りではないということ。

 

努力をしたら必ず成功するとは限らない。

でも成功者は必ず努力をしている。

この関係に近い。

努力は1つの条件に過ぎないということ。

 

自分にとってマイナスの作用が強すぎると

良いことなんてない。

だからと言ってすぐに逃げる理由にすることも

違うケースがある。

でもそれも経験からの判断でやっていくしかない。

経験しながらしっかり見る目を育んでいくこと。

ダンスをする上では大切。

 

話は戻って

最後にイベントが終わってから

親御さんの提案でうどんを食べに行くことに。

この日は特に僕は何もしていない。

だからこの時に二人としたゲームが

僕の一番の出来事だった笑

おもしろかった。

 

次は9月9日。

HOUSE UNITE!

URL
TBURL

コメントする

*
*
* (公開されません)

Return Top