概念

嫌いが好きになることってありますか

嫌いが好きになることってありますか

【やって損は一つもない】

以前、車の運転についての話を
した。

 

AT車が絶対良いと思っていた。

 

参考  見えない敵

ようやくMT車の運転にも慣れ、
後ろに車がいてもドキドキし
なくなった。

停車中に後ろに車がいると
スムーズに発進できるかが
気ががりだったから。

もうそういう不安を
打ち消すことができた。

しっかり【見えない敵】と
対峙できたからだと思う。

嫌だと思っていたことに取り組み
慣れるというフェーズに(段階)に
来ると、不思議な現象が起こる。

それは
嫌⇒好
に感情がシフトしていく。

逆にこれじゃないとダメだぐらいに
思い始めるということ。
経験して得たい結果を得ることに
より、考え方が変わり始める。

やっぱりやってみないとわからない
事の方が多いんだろうと気づかされる。
学びがある。

今の状態よりもっとこうしていきたい
という追求心も出てくるし、車にとっても
自分にとっても良い方向に進むことが出来る。

全てが全て挑戦するべきだと言うつもりは
もちろんないし、自分も無理だと思う。

ただ終わりを、結果を、見たときに
自分に必要なものだと感じるなら
一歩踏み出す勇気を持てたほうが良い。

どうせやるなら思った瞬間に動ける
軽さとエネルギーを持っていたい。

時には10mぐらいの飛び込み台から
飛び込まないといけないぐらいの
勇気と根性が必要な時もあると思う。

ここで時間がかかっても飛び込む
経験が出来たなら、また何か違う
分野において見えない敵が現れても
「いつもの奴か」と

少し余裕を持ち、踏み出す勇気は
いるけども、思ってから動き出す
までの時間は短くなっていくはず。

踏み出すごとに失敗も付いてくる。
ここにダメージを受け、エネルギー
をすごく使うわけだけども、
このトライ&エラーを繰り返すこと
によって望んだ結果に近づける。

嬉しい時や楽しい時に頑張れるのは
普通だと思う。
マイナスにネガティブに捉えた時に
がんばれる人は底力を感じる。
自力がある人だと思う。

僕には自分に言い聞かせることや
自問自答をする時間が性質上、
必要だと自覚している。

自分の特性を理解しつつ、でも
それが甘えの要因にならないよう
崩すこともできる発想を持ち、
前に進んで行きたい。
前に進んで行かないといけない。

ご覧頂きありがとうございました。

URL
TBURL

コメントする

*
*
* (公開されません)

Return Top
Warning: getimagesize(/home/yuri0110/yuritakayuki.kyoto.jp/public_html/wp-content/themes/dp-graphie/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/yuri0110/yuritakayuki.kyoto.jp/public_html/wp-content/themes/dp-graphie/functions.php on line 990