ダンス

自分を超えるというのは容易ではない

自分を超えるというのは容易ではない

【自分に負けない】

 

 

最近はよく踊っている。
踊らないとどうにも次のステップに
いけないし、やるしかない状況だから
というのも正直なところ。

 

 

踊りたい。
踊らないと。
この二つが交錯する。

 

 

練習という概念でやるのは
好きではないけど、
これがないと自分の自力の
底上げにはならない。

 

 

やりたい時だけやって、
何となくフリーで踊って終わりというのは
すごく楽で楽しいものだけど、
あまり内容が良くない。

 

 

目的を何か持って取り組み、
反復練習でもフリーでも踊ると
内容が違ってくると思う。

 

 

個人的な意見だけども
得たい欲求があって、それに向かって練習して、
何かを得た実感があるとのとないのとでは、
練習の質の部分が全然違う。

 

 

僕は何となく踊ることも多かった。
正直それでは何を得たのか分からないから
本当の意味で自分はこれだけやってきたという
裏付けになるものが薄いと思っている。

 

 

イベントなどで踊らせて頂いた後に
もっと新しい自分に出会いたい、
今の自分を超えたい等の心境になる。

 

 

もちろん練習をしている時にも
そういう心境になる時もあるけど、
頭の中を空っぽにして、
本気で踊った後だからこそ
そういう思いに駆られる。

 

 

自分を超えるというのは、何をもってして
そう感じるのかはそれぞれだろうけど、
僕の場合は感覚的なものがほとんどで、

 

本気になったときというのは、
一つ一つの踊りがもう一瞬の判断で
連なっていくし、その中でひらめき
が出てくれば、それを出すのか出さないのか
というまた判断。

 

 

判断する前に体が動いていることもしばしば。
頭で考える余裕なんて毛頭ない。

 

 

またその時の感情というのが存在する。
このハートフルな部分も踊りには重要で
感情を体で表現するわけだけども、
これが簡単ではない。

 

 

僕は感情むき出しになって踊ることがあるけども
感情を踊りに変換するスキルが乏しい。

 

 

これで良いと思う自分と
それだけではダメだ思う自分がやっぱりいる。

 

 

優れた踊り手の方はこのバランスがすごく良い。
感情を踊りに落とし込むスキルを持っている。

 

 

あまり共感しにくい話ではあるだろうけど、
何が言いたいのかというと、
どんな事でもいいので今の自分を超えたいと
思う瞬間があるなら、いつでも本気を出さないと
超えることはできないと僕は思う。

 

 

自分以外の人を越えようとしたとき、
もしかすると100%の力を出さなくても
超えることは可能な場合もあるだろうから
(一方的に見た場合…)

 

 

自分を超えることのほうがよっぽど
難しい。
だから人と比べることは自分を超えるという
方面から考えるとあまり意味を持たない。

 

 

最近練習をしていてそう感じる。
自分に負けないようにする。
それが唯一の方法だと思う。

 

 

精進します。

 

 

 

ご覧頂きありがとうございました。

URL
TBURL

コメントする

*
*
* (公開されません)

Return Top