ダンス

ダンス本番第二幕を終えて

ダンス本番第二幕を終えて

【勇気を持つこと】

 

 

大火勢という福井県の大きな祭りの
イベントの一つとして
ダンスショーケースがあり、
そこに出演させて頂いた。

 

 

子供達と踊った。
子供達と踊ってきた。
数分のために何ヶ月もかけて
みんなと作り上げてきた。

 

 

踊っている一人一人の顔の表情までは
確認できないけど、
体全体、後ろ姿に表情を感じれた。

 

 

小さい体で思いっきり表現している。
きっと楽しんでいる。
お客さんの中にも首でリズムをとり、
一緒に踊っている人がいる。

 

 

みんなで踊っている感覚。
とても良い感覚。
リズムを刻む。
心が弾む。
さらに体が踊る。

 

 

言葉が無いのが心地いい。
そんなダンスが気持ちいい。

 

 

参考記事  ダンス本番第一幕を終えて

 

みんなはどうだっただろうか
どんなふうに感じていただろう

 

 

本番を経験したくないという子達がいた。
要は出たくないという事。

 

 

何でそういう気持ちになるのだろう
人前で何かをするという事は
それだけ気持ちに負荷がかかる。

 

 

恥ずかしい
自信がない
失敗が怖い

 

 

やる前から色んな事を考えてしまう。
だから不安になって出たくないってなる。

 

 

これを少しでも和らげる為に
練習を積み重ね取り除いていく。

 

 

誰だってこういう気持ちがないわけじゃない。
だからtryして欲しい。

 

 

結果的に出たくないと言っていた子達も
出演し、出ない子はいなかった。

 

 

よく頑張ってくれた。
どんな気持ちで終えたのだろう

 

 

達成感や爽快感、出てよかったと感じてくれていたら、
本当に価値が高い。

 

 

この経験が必ずまた次の何かに繋がる。
出たくないと思う瞬間に立ち会った時に
今回の経験を思い出して行動してもらいたい。

 

 

食わず嫌いにならなかった事。
ちゃんと勇気を持てた事。
本当に素晴らしい。
間違いなくこの時点で成長している。

 

 

どんどんダンスがうまくなって
人前で踊らずにはいられないぐらいに
なる可能性を秘めていると思うから
期待している。

 

 

そしてさらに、
見ている人の心を動かせる存在になって
影響を与えられるダンサーになって欲しい。

 

 

あの人のダンスがしたい。
さらには
あの人みたいになりたい。
そう思ってもらえるように
これからさらに向上していこう。

 

 

まずは自分が楽しむこと。
楽しむために
辛いこと、しんどいこと、苦しいことが
あるだろうけど、そこから、目を背けず
踊り続けてもらいたい。

 

 

参考記事  三日坊主とバイバイ

 

また一緒に踊ろう。

 

 

 

ご覧頂きありがとうございました。

URL
TBURL

コメントする

*
*
* (公開されません)

Return Top
Warning: getimagesize(/home/yuri0110/yuritakayuki.kyoto.jp/public_html/wp-content/themes/dp-graphie/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/yuri0110/yuritakayuki.kyoto.jp/public_html/wp-content/themes/dp-graphie/functions.php on line 990