希望

やりたいことはあった方がいいけどなくてもいい

やりたいことはあった方がいいけどなくてもいい

【自分のものさしで生きる】

 

 

 

今僕はダンスに携わっていて
それが生業になっているわけだけど
初めからこうなるなんて思ってもみなかった。

 

 

 

基本的には消去方で生きてきた所がある。
あまりリスクのない方ない方に歩んできたのも事実。

 

 

 

小さい頃から特別に強く思うこともなく
幼稚園の頃に将来の夢を書かないといけなかった時
周りのみんなはスラスラと迷わず書いていた。

 

 

 

なりたいものなんてなかった。
考えたこともなかった。

 

 

というか無知の無知だった。
夢って何?って感じで
それすら分からなかったから
男の子が多く夢にしていた「けいさつかん」ってただ真似た。

 

 

 

記憶に鮮明なのは
時計を作る時間があって、僕は時計自体が分からなかった。
箱に色紙などで貼って作るといった感じだったと思うけど

 

数字をどこに貼ればいいのか
この尖った針みたいなのは何なのか

 

 

その当時の写真が今でもあるわけだけど
ひどいもの(笑)
一人だけ時計じゃない
みんなだいたい時間をおやつの3時に設定していた。

 

 

 

何かその写真を眺めると
なぜかその時の記憶も残っているから
せつなくなった。

 

 

 

あきらかみんなより知っているものも少なく
そして興味を持つもの
自分が本当にやりたいものがあったわけじゃない。

 

 

 

小学で野球を始めたのも兄の影響。
別にやりたかったわけじゃない。

 

 

 

流れでって感じが強くある。
野球をやっていたからという理由で
中学、高校もやっていた感は否めない。

 

 

 

もちろんやりがいみたいなものが
自分で感じれないと続かないし、
続ける理由がない。

 

 

 

そういう意味ではやる理由はあったはず。
はずって言ってしまうぐらいだから
明確な確信的なものは見当たらない。

 

 

 

今になるともっとこうしておけば良かった
という気持ちは山ほどある。
意識を高く持てていたら違っただろうなぁとか。

 

 

 

それとは違って
ダンスは唯一やりたいと思えて行動できた
ものだと思う。

 

 

そこに特別な理由はない。
衝動だった。

 

 

続くものだと思っていなかった。
もちろんやめるなんてことも頭にはなかった。
そんな程度。

 

 

 

有名になるぞ!!
これを仕事にするぞ!!
毛頭なかった。

 

 

 

これはこれでけっこうイタイなぁって思う。
でも先を見る、長い目で見るみたいな事が
自分の中に備わっていなかった。

 

 

 

ただ目の前だけ見て
目の前にあるものをがむしゃらにやっていただけ。

 

 

 

目的があってそのためにやっていくみたいな
そんなスタンスではなかった。
思考することなくただ踊った。

 

 

 

結果的にダンスがやりたいことだったんだな
って今は感じているわけだけど、
これは結果論。

 

 

 

ダンスがなくなったらなくなったで
また違うものをやればいいっていう
ドライな考えもある。

 

 

何度でもやり直しがきくって思っているから。

 

 

ただダンスほどに表現できるものが
現段階で見当たらない。
生きる上ですごく重要な割合を占めている。

 

 

実際こうなれたのも結果論でしかない。

 

 

やりたいことを求めていて
やりたいことがないっていう人と

 

やりたいことを特別求めていないから
やりたいことなんてないっていう人がいると思う。

 

 

 

それぞれ充足感を感じる基準や度合い、程度が違う
からとやかく言うつもりはない。

 

 

でも前者の場合
色々要因はあると思う。

 

 

年齢や今置かれている状況が
大きく関わってくるだろうけど

 

やりたいことを探す時に
自分の人生を全てかけれるようなものを
探しているのではないだろうか
しかもそれを一回目で決めてやろうみたいな。

 

 

 

それはもちろん素晴らしいことだと思う。
でも何度だってtryはできるし、
自分のやりたいこと基準が高すぎると
見つからないし無理だと思ってしまう。

 

 

 

結果諦める方向に向かう。

 

 

 

やりたいことが
見えているけど自分には無理だと決めつけて
諦めてしまうこともある。

 

 

 

人生をかけれるようなものなんて最初から
わからない。
結果的にそうなったっていう結果論でしかない。

 

 

 

 

やりたいことなんて何でも良いと思う。
何か食べたいという事も立派なやりたいことに
入ると思うし

 

何かしたいと思えば気軽にやればいい。
それがすごく大きなものになるかもしれない。

 

 

 

これだって決めてそれを人生にしている人もいれば
何気なくやり始めたものが結果的に人生になっている人もいる。

 

 

 

もちろん人生レベルである必要もないし
自分にはなくてもいいというのであれば
それはそれで良いと思う。

 

 

 

何となく生きるのが心地いいという人も
いるし、その気持ちも分かるし、
自分もそっちに行く可能性は高かったと思う。

 

 

 

でもやっぱり違った。
色んな意味で苦しさも感じるけど
今より充実感や充足感を感じれるであろう方向に
進みたい。

 

 

 

 

 

ご覧頂きありがとうございました。

URL
TBURL

コメントする

*
*
* (公開されません)

Return Top