福知山ハウスダンス

自分にとって大切なもの

自分にとって大切なもの

 

【ゆりっちSTEP】 Merry Christmas Mr. Lawrence – 戦場のメリークリスマス hitori #16

 

 

 

 

 

Merry Christmas Mr. Lawrence – 戦場のメリークリスマス

 

この曲を使おうと思ったきっかけは

出先のテレビでたまたま押尾コータローさんが

「 Merry Christmas Mr. Lawrence – 戦場のメリークリスマス」を

ギターで弾き語っていたのを拝見し、自分も触発された。

でも正直、その時の音色がすごくよかったからというのではなく

この曲はけっこう自分にとって馴染みがある曲だから

それに反応した感じ。

というのも8年ぐらい前にこれを見た↓

辻本さんと群青さん。

この映像を見る前の2007年に一度辻本さんとはお会いしていて

そのあとにこの映像と出会った。

レッスンでお会いした時にも人間模様や内容に衝撃を受け

この映像でさらに自分のアンテナがビンビンに反応し

感性がすごく刺激されたのを覚えている。

だからこの曲を聴くと心がざわつく。

ざわつくだけでとどめず、今回は自分も何かやろうと思った。

やりたいときにすぐ始めれるのがダンスの魅力でもある。

 

 

姫髪山

 

お寺で踊れたらいいなと思っていて長安寺に足を運んだ。

ちなみにここは京都府福知山市。

辺りを探索していると姫髪山の出入り口に遭遇し

山に登って撮影することにした。

道中ちらほらと建物があった。

ここで撮影することにした。

 

 

 

自己満足とのバランス

 

自分的にはひとりでに何か活動をしている時にすごく充足感を感じる。

「生きているんだな」と感じる瞬間。

これはどんな場合でも良いと思う。

人によって違うだろうし、自分なりのものがあるだろうから。

どれだけこの充足感を感じれるかが自分の人生で優先されるもの。

でも自己満足だけでもいけないと思っている。

ちゃんと何かに貢献していないと何も自分には返ってはこない。

自分自身を高めて、貢献した先に

結果として感謝される立ち位置がある。

感謝されたいが前提にあるわけではないけども

役に立っているという実感は欲しかったりする。

自己満足と誰かの役に立っているが=(イコール)で

あれれば最高だけどそうもいかない。

自分の人生を豊かにするには

自己満足とそうでないもののバランスが大事。

 

 

自分に言い聞かせる

 

自分はダンスのインストラクターをやっている。

ここでも目指していることがある。

ただ単にダンスの技術・テクニックを学びに僕のもとに来ている人。

おそらくそれがほとんどだと思う。

それはそれでいいと思うけども

僕は僕自身に興味をもってもらえる存在でありたい。

ゆりっちに興味があるから来ている、来ました。

何をやるか内容は知らないし、聞いていないけど

ゆりっちだから来た。

やる以上はそれを目指している。

でもね

そんなに実際は甘くない。

自分の存在意義を否定しそうになることも

自分への問いかけが悲観的になることもある。

苦しい時ほどがんばれないといけない。

楽しい時、嬉しい時にがんばれるのは普通だから。

と、

自分に言い聞かせることも。

 

 

肩書きはきっかけにすぎない

 

何者でもない自分が何者かであるために

何かをする必要がある。

そして続ける必要がある。

もう目先の結果に興味がわかない。

優勝とかそういうところへの情熱はほとんどない。

認められたい、チヤホヤされたい欲求も希薄。

勝負するという意味を違った形にすることで

また違ったステージに行けるんだろう。

ただ、自分が生きている道は周りにどれだけ認めてもらえるかと

直結しているから虚しさを感じる。

勝負事で結果を残すことでしか、周りに示すことができない。

そう思ってしまっていた。

これってすごい狭い視点。

いくら自分の肩書きを増やしても、自分という人間が

満たされることはなかったし、自信につながることはなかった。

そもそもそこに何かを求めていたことが違ったんだと思う。

肩書きだけでは自分のアイデンティティーは育たない。

肩書きを取り除いた時に自分という人間が

ちゃんと浮き彫りになっていないといけない。

肩書きは自分と誰かが関わる窓口として、きっかけとしての

手段にすぎないこと。

ちゃんと理解していないと危ない。

結果さえ出ればどうにかなると思ったらそれは間違い。

お金さえあれば幸せになれる

結婚したら幸せになれる

これに近い気がする。

一番大切なのは自分自身をつくり上げていくこと。

それは表面的なものに左右されないこと。

これってすごく難しい。

でもやっぱり自分はそこなんだと…

自分の器の中に内容のある中身を育んでいきたい。

理想と今の自分にギャップがありすぎる。

言葉に自分が追いついていない。

言葉が追いつかない自分であれるようにがんばらないと。

 

もっと楽に生きさせて(息させて)ほしいと思いつづけて32年。

まだまだみたいです。

 
レッスン情報
お問い合わせフォーム

ダンスの悩みQ&A

 

様々な理由でダンススタジオに足を運べないあなたへ

ステップ無料講座開講中

無料で7日間、ゆりっちがあなたにステップの基礎をお伝えします。

・やりたいけどどうしたらいいか分からない

・ダンススタジオに行く勇気がない

・お金を払わずに体験したい

最初の一歩を気軽に踏み出したい方はぜひ下記からお申し込みください。

【ステップ無料講座に今すぐ参加する】

URL
TBURL

コメントする

*
*
* (公開されません)

Return Top