概念

考える力がある人はどんどん成長する

考える力がある人はどんどん成長する

【考えることをおざなりにしない】

 

 

体を動かすのが昔から好きだった。
でもなぜ好きなのかを自分に問うこと
なんてしてこなかった。

 

 

楽しいと感じていることが好きだという
理由になっていたから。

 

 

心が弾んでいたら
ワクワクしていたら
もうそれで十分だった。

 

 

それ以上追求する必要はなかった。
そのときどきで反応的にやっていたし
生きていた。

 

 

そんなものだし、
それでいいと思う。

 

 

真剣に向き合うものが出来た時
真剣の度合いが大きくなればなるほど、
ぶち当たるものが前に立ちはだかり
立ち止まることやその場で足踏みする事がある。

 

 

そうなった時に考えざるを得ない状況になる。
でもその問題に見て見ぬふりをし、
おざなりな対応をとると何も進展はなく、
成長がなくなる。

 

 

何か悪いなりにも考え活路を見出して
向き合わないことには結局何も変わらない。

 

 

自分の現状を固定してしまう原因は考えないことに
あると自分の経験から感じる。

 

 

野球をやっていた時もそう。
ダンスをしている今もそう。

 

 

とりあえずやっていたらある程度の事は
出来るようになるし、
ある程度の所までは行ける。

 

 

それは身を持って体験しているし、
続けたというただその結果だと思う。

 

 

継続し何か得たい結果があるなら
それに向かって信じてやっていれば
ある程度結果は付いてくる。

 

 

自分を信じることもせず、
自分を疑うことしかしなかったら
もう諦める発想しか出てこなくなる。

 

 

これはかなり悲しい事だと思う。
自分の経験からある程度予測がつく
場合もある。

 

 

それでもやる前に諦めるのは
やった後に気づく学びより
相当リスクが高い。

 

 

目の前に抱えている問題は誰にでもある。

 

 

それは
自分自身のことかもしれないし、
自分以外の人が関係していることかもしれないし、
どう解決したら良いのか分からないことが
ひょっとするとあるかもしれない。

 

 

ただ考えることをやめてしまって
そこで終わることが出来るなら
それでいい。

 

 

でもほとんどの事っていうのは
考えることをやめ、諦めたところで
自分の人生を生きるという観点では
死ぬまで続いていく。

 

 

生きている以上、必ず何か自分にとっての
弊害が目の前に問題として現れる。

 

 

そこから目を背けることはできない。
考えることは苦手な作業。
出来れば考えたくない。
楽に生きたい。

 

 

でもそうは行かないみたい。

 

 

今の自分に足りないもの
今の自分に備わっているもの
を理解して、どうしていくべきなのか
考えないといけない。

 

 

ダンスでもっと向上したいなら
何をするべきなのか
何をしないといけないのか

 

 

人生を充実させて豊かなものにしたいなら
今何が必要なのか
そして
何が必要になってくるのか

 

 

身近な目標と長い目で見る視野を
持って、考えていかないとこのままの現状が恐い。

 

 

考え行動している人が結局いつも強い。

 

 

 

ご覧頂きありがとうございました。

URL
TBURL

コメントする

*
*
* (公開されません)

Return Top