表現

強身動宥足踏

強身動宥足踏

【それぞれのストーリー】

PUMPKINGのサブちゃんが強身動宥足踏の
動画を少し前にアップしてくれました。
ありがとう。
(下記に動画あり)

強身動宥足踏(がうしんどうゆうそくたふ)というのは
チーム名。

久々に二人で踊った。
本番までの過程が濃厚だった。

参考  公開です

今までで一番話し合った。
期間が空いていたというのもある。
現状を報告しあうところから
始まった。

お互いの価値観の共有と
違いを尊重すること。
主体的であること。

これがやっぱり大事だと
再度認識できた。

話し合っては踊りの繰り返し。
芯がある中でさらに一本の芯を
求めて試行錯誤する。

何かが足りないという思い。
繰り返し踊るたびにお互い持っていた。

その都度良いと思える出来ではあった。
でももう知っている。
だからやらない。

新しいと感じれる瞬間を感じれても
もうそれは出来ないとまた捨てた。

欲していた。
二人でやるからこそ
高水準なものを期待するし
出来ると思っていた。

だから粘る作業が続く。

自然を感じれる場所にも出向いた。
自然のエナジーを体感できたのは
何より大きかった。

こんなにも違うものかと
初めて実感できた。
自分の中にある毒素が抜けるのか
エネルギーが入っているのか
わからないけれど

自然の力がもたらしたもので
あることは間違いなかった。

感覚レベルで感じる事ができた。
そんな中、話し合っていると自分の中で
作品のキーワードになるものが
いくつかあった。

自分の過去の出来事や行動全てが
今の自分であること。
過去の自分が今の自分を作り上げている。

そう思える言葉の数々。
一個ずつ拾おう。

じゃあそれを踏まえた中で
自分のしたいことや出来ること。
この二人だから出来ること
したいことを考えて形にしようと
行き着いた感じが自分にあった。

同じストーリーが存在すること
は有り得ない。
みんなそれぞれの過去があり
それは唯一のもの。

ここにもっと価値を見出したかった。
きれいな部分より汚い、汚れた部分を
打ち出したかった。

感情の動きは良い方向ばかりに動く
わけではないから
違う方向に振り切りたい。
そんな思いでいた。

前日にようやく二人の気持ちや
方向が整い、形にできるという
結束ができた。

そうして踊ったのがこれ


強身動宥足踏/QUALIAvol.8

参考  公開終了

まだまだと思えたことに感謝。
二人はさらに飛躍する。

ご覧頂きありがとうございました。

URL
TBURL

コメントする

*
*
* (公開されません)

Return Top