表現

自分のためにしていることが人のためになること

自分のためにしていることが人のためになること

【見せたくないものを見せる意味】

 

 

完全に夏が到来って感じるほど
日差しが強く、暑くなった。
でもこの暑さがけっこう好きかも。

 

雨も好き。
ただ雨の中の行動は嫌い。

 

雨が屋根に落ちるところや
雨が何かものに当たるところ。
雨が水たまりに落ちて波紋ができる瞬間や
雨が地面やものに当たる音を聞くのも好き。

 

そんなじめじめとした梅雨の時期から
日々の気づきや学びを発信し始めた。

 

始めたのも「生きないと」というのが理由。
抽象的だけどこれなんです。

 

自分の中にあるものを吐き出す。
でも簡単に吐き出せない。
自分がよく分からなかったりする。
だから敏感に自分と向き合わないといけない。

 

自分の弱み、辛み、羞恥心、自尊心。
これを自分で視ないといけないし、
理解しないといけない。

 

言葉にする必要があるのか
こんなこと言わなくてもいいのでは。
と思うことも当然ある。
恥ずかしいこともある。

 

それでも一生懸命考えて
自分がスッキリした文章が書けるまで
やり続ける。

 

何となくやってたら意味がない。
誰かの為にやっているなんて事はないし、
自分のためにやっている。

 

言いたくないようなことでも自分の
この媒体だから言う必要があるし、
誰かに見られるとわかった状態で
表現する事が自分の救いになったりする。

 

踊りとはまた違った側面でパーソナルな
部分だから照れくさすぎる。
人間臭さが出る。

 

ただ結果的にこの発信によって
見てくださっているあなたが何かを感じる
瞬間がもしあればすごく僕は気持ちが癒されます。

 

誰かの為なんておこがましすぎて
恐縮してしまうけれど、
結果として役に立つようなことがあるなら
この行為はすごく価値のあるものになる。

 

自分の生き方に胸を張れるような
生き方がしたい。

 

自分の構想がリアルなものに
なるよう努力するしかない。

 

また今日の一日が始まった。

 

 

ご覧頂きありがとうございました。

URL
TBURL

コメントする

*
*
* (公開されません)

Return Top