進化

今ある自分を環境のせいにはしたくない

今ある自分を環境のせいにはしたくない

【選択と責任】

 

 

 

自分の周りにいる人達は大切で
関わる人に影響を受けながら
自分の人間像も形成される。

 

 

それは直接的な対面でっていう
人からだけではなく、
周りにあるモノから影響を受けても良いと思う。

 

 

モノであっても造ったのは人であり
周りにあるモノののその奥には必ず
人が存在している。

 

 

人間形成というと少しかたっくるしいけども
自分の成長という過程で周りに誰がいるのか
何があるのかという事はすごく影響力のあるものだと思う。

 

 

自分がダンスをやり始めたときも
大阪の土地に自分が飛び込んだわけだけど
これがずっと地元にいたとすると
また状況は大きく違ったと思う。

 

 

常に二つを同時に手に入れることはできない。
大阪に行ったなら
地元にいることはできない。

 

 

朝ごはんを食べることと
朝ごはんを食べないこと
を同時にはできない。

 

 

当たり前のことだけどこれは大事。
常に二つ以上の選択を迫られているのか
それとも
自分で選択権を得ているのか

 

 

ここにも違いはあるけども
自分の選択によって自分を形成している。

 

 

どちらに行くべきなのか
どちらをやるべきなのか

 

 

自分の判断でしかない
その基準はどこにあるのか

 

 

それは今現在の自分の優先順位で
決めて行くのが良いと思うし、
それしかないとも思う。

 

 

当然先のことはわからないし、
極端な話、今日言っていることと
明日言っていることに違いがあることもある。

 

 

それは自分の考え方がガラッと変わる
瞬間に遭遇すると有り得る話だと思う。

 

 

それぐらい周りの環境に影響を受けるものだし
馴染んでいくものだと思う。

 

 

例えば
自分の周りに不良ばかりいたら
自分もだんだん不良になっていくと思う。

 

 

周りに「お前は頭が悪い」と言われ続ければ
自分は本当に頭が悪いと思うようになり
本当に頭が悪くなる。

 

 

周りに愚痴ばかりこぼす人がいれば
自分も愚痴の多い人間になっていく。
 

 

周りにむちゃくちゃダンスの上手い人しか
いなければ、自分もその姿や考え方に影響を受け
自然と引き上がっていく。

 

 

何が言いたいのかというと
自分の基準を変えていくということ。
自分の当たり前の基準値を高いところに置いて、
それを自分のスタンダードにする。

 

 

そうするためには
自分が今何をしたらいいのか
何をするべきなのか
どこに行けば良いのか

 

 

自分の判断で決めて
自分でその道を選択する。

 

 

自分で決めたなら
その選択に責任を持つ。

 

 

言い訳しない
誰かのせいにしない。

 

 

自分の今の優先順位で決めただけのこと
それが今の自分の力。
時間は戻せないけどやり直しはできる。

 

 

ダンスにおいて
今自分の地元近辺で刺激を感じるような人は
残念ながらいない。

 

 

期待をしているわけでもない。
生意気に聞こえるかもしれないけど
これが本音。

 

 

でもその環境を選んだのは自分。
もう一つ言えるのは
ダンスをやっている人から刺激を受ける事だけが
ダンスの成長につながるとは思っていないということ。
それを分かっていた。

 

 

逆に今いる環境だからこそ
出来ることも増えてくる。
その発想があること。

 

 

自分次第でどうにでもなるよ。
でも優先順位として自分が良いと思う
環境に身を置くことは高く位置づけしといた方が
結果的に良いと経験上感じる。

 

 

そもそも今言っていること全ては
やりたいことが定まっているという
前提での話。

 

 

やりたいこと、目的を何か持っている人は
選択してやっていけばいい。

 

 

ただ何もないっていう人もいると思う。
やりたいことも目的もないって人。
今度はそういう目線で書けたらと思う。

 

 

 

ご覧頂きありがとうございました。

URL
TBURL

コメントする

*
*
* (公開されません)

Return Top