表現

生きるための手段になっている

生きるための手段になっている

【閉塞感】

新作です。
Youtubeにアップしました。
下記に用意してますのでご覧ください。

何かを使って表現すること。
何気なしにみんなやっていること。

自分という存在を自分で
認識するために。
「ここにいます。」
「ここに生きています」と
主張する。

日常で思ったように感情表現
できる人がどれくらいいるだろう。

組織の中で仕事をしている人達は
不満もいっぱいあるだろう。
それでも毎日同じ時間に出社して
働いている。

親を見ていても昔から同じ光景が
目に浮かぶ。
すごいとしか言えない。

同じ会社で定年後も勤め上げる
親の精神力はハンパない。
僕とは次元が違う。
不満もこぼさない。

一体どこで吐き出しているのだろう
わからない…

僕は組織がどうも無理だった。
逃げたことも自覚している。

だから違う選択肢が生まれる。
消去法しかなかった。

なぜ踊りをやっているのか
ふと考えた。

もう好きとか楽しいとか
そんな感じでもない。

もちろんそういう感情は
大事だしどこかにいった
わけでもないし、今もある。

生きていくための仕事の
手段であったりもするけど、

でもそうではなく、

もっと大きな括りになっている。
生きていくための仕事の手段
ではなく
生きていくための手段な気がする。

仕事としてではなくても良い。
でも、生きている!!
自分は存在している!!と実感し
主張できるのは踊っている瞬間。

自分は重要な存在なんだと
実感したい。
だから踊る。

参考  表現者として唯一無二であること

生きる上で本当に助けになっている。
精神が安定し穏やかになる。

できることなら
優しくありたいから。
先行きの見えないこの自分にも
活力を見いだせる手段。

もがきながら
盲目的にも
前を目指して進んでいく。

そんな表現になったのがこちら

      ↓

 

ご覧頂きありがとうございました。

URL
TBURL

コメントする

*
*
* (公開されません)

Return Top