進化

本番で最高のダンスをするために必要なこと

本番で最高のダンスをするために必要なこと

【反省と満足とスランプ】

 

 

最高に気持ちの良い踊りを
本番でいつも踊りたい。

 

 

出来れば毎回そうしたい。
そう感じたい。

 

 

想定内の踊りではなく
想定外の踊り。

 

 

新しい感覚や動き。
いつもの自分じゃ物足りない。

 

 

理想を語るだけでそのために何を
すればいいのか考えただろうか

 

 

良い感覚で踊りたいなぁ
と願っていても何も変わらない。
願うことなんて誰だってしている。

 

 

その行為に意味は持たないし、
何も生み出さないことは知っている。

 

 

にもかかわらず
本番のテンションに期待する
愚かな自分。

 

 

本番で満足のいく踊りをしたい割には
練習で本番を超えるような踊りが
できるような工夫をしていない。

 

 

本番に勝る踊りが練習では出ないと
どこか決めつけている。

 

 

確かに本番の空気感はまるで違うのを
体感している。
経験からくる発想だから間違ってはいない。

 

 

でも逆にこの考え方が固定化されている。
この固着した考え方を一度取り除こう。

 

 

毎回最高の踊りなんてできないと
思っていたほうが、終わった後のダメージも
ショックも少ないからいいのかもしれない。

 

 

質の高い練習こそ本番の踊りを
最高のものにする唯一のもの。

 

 

本番のための練習なはずなのに
いつの間にか目的が変わり
練習のための練習になっている。

 

 

余力を残さず本気で踊る時間を作る。
本番は本気で踊るのに練習で本気を
出さないのはナンセンス。

 

 

参考記事  殻を破って本気のダンスが見たい

 

 

本番であまり良くない踊りをしてしまった時

たまたま悪いのが出た。
そういう日もある。
仕方ない。

 

 

 

そんな風に片付けるのは違うのかなと思う。
確かに切り換える考え方として開き直れる
のは大事。

 

 

でも本当の意味で受け止めることにはなってない。

 

 

良くない踊りってランダムに発生するのかなぁ
何か原因が必ずある気がする。
そこをないがしろにしてスルーしたら
この経験は意味がなくなる。

 

 

一度向き合う。

 

 

逆のパターンも一緒で
最高の踊りができるのにも要因がある。

 

 

たまたまと捉える前に
自分なりに探すことが大事だと思う。

 

 

ベストを尽くすためにベストな準備をする。
本当に大変な事。
これが出来たらどんな踊りであろうと
納得せざるを得ない。

 

 

それが今の実力なんだから。
そして
次への足取りも軽い。

 

 

この積み重ね。
この繰り返し。

 

 

反省と小さな満足が僕は大切だと思っていて、
自分に厳しい人ほど
自分の踊りに満足出来ない。

 

 

課題ばかりに着目してしまう。
小さな満足も探してほしい。

 

 

満足があるから
次のステージに目を向けることが
出来るし、行けると思う。

 

 

 

基本的に踊りにスランプはないと感じる。
もしあるならそれは
自分の中に原因がある。
自分が作り出している。

 

でもスランプのせいにできると楽だから
考えなくていいからそうしてしまうのかなと。

 

 

外側に目を向けている間は
何も見えてこない。

 

 

結局いつも自分の中にその時の
答えがあると思う。

 

 

まだまだだなぁ…

 

 

 

ご覧頂きありがとうございました。

 

URL
TBURL

コメントする

*
*
* (公開されません)

Return Top