関係

ダンス仲間が大切な理由

ダンス仲間が大切な理由

【相乗し合える関係】

 

 

もうかれこれ12年ぐらいの付き合い。
そんなダンス仲間の一人と踊り、現状を語り合った。
ダンスの苦楽を共に感じ、共に過ごした
学生時代。

 

 

辛い時も楽しい時もいつも一緒だった。
同じように全てを味わってきた。
そんな時間を共にできた仲間とは
当然卒業してからも関係は続く。

 

 

関係を継続して築こうと思うと
努力も必要になってくる。

 

 

連絡を取らなくなると、
もうそれっきりになるケースも少なくない。

 

 

じゃあ無理矢理連絡を取り続けないと
いけないのかと言えばそういうことでもない。

 

 

本当に自分にとって大事な人であれば
関係を終わらせてしまうような、形には
しないと思うし、必然的につながる要因が
あると思う。

 

 

その要因の一つが興味だと感じていて、
この興味が根本にないと、簡単に関係が
途絶えてしまう。

 

 

お互いにとって気になる存在で有り続けること。
これが良い関係を保つ大事なこと。

 

 

もっと言うと自分にとってプラスであり
相手にとってもプラスである関係。

 

 

そのプラスだと感じる要素は何だって良い。

 

・自分が正直であれる
・前向きになれる
・踊りの勉強になる
・考え方の違いが面白いと感じる
・単純に笑えることが多い
・共感できることが心地いい
・客観的な意見がもらえる
・自分の良いとこ、悪いとこに気づく
・生きる刺激をもらう
・勇気をもらう

 

相手が存在することで何かしら自分に大きな
影響をもたらしてくれる、与えてくれる、
そういう仲間はとても大事。

 

と同時に自分ばかりもらっていては
話にならない。
それではなんの意味もない。

 

 

自分も相手にとってプラスな存在でなくては
ならない。

 

 

何がプラスになっているのかはその人にしか
分からないわけだけども、自分を磨く行為が
必須であり、それが結果的に何かを与えれる
ことになると信じている。

 

 

新しいことを何かやることもそうだし、
継続してやっていることなんかもそうだし、
どちらも常に挑戦している事だと思うし、
このtryしている姿勢が尊い。

 

 

自分にとってプラスであることは
こういうこと。

 

 

そういう存在の人が周りにいることは
すごく助けになっているし、活力にもなる。

 

 

話をしていても、脳内から何か分泌
されているようなナチュラルハイに
なる感覚がある。

 

 

それがすごく気持ちが良い。
もちろん気持ちが良いだけではダメ。

 

 

話をした後、自分がどういう行動に
移すのか。
これが一番大事。

 

 

お互いにとってプラスであることが
自分一人の力より何倍もの力が発揮
できる。

 

 

参考記事  シナジーを感じれる関係が大事

 

 

チームであればそういう関係が一番
強いに決まっている。

 

 

チームでなくても相乗し合える関係を
持てる人は大事にしないといけない。

 

 

そのためにも努力は必須。

 

 

幻滅されない自分であるために。
誰かに、何かをギフトできる自分であるために。

 

 

人のためにやるわけではないけども、
自分のために精一杯の努力を惜しまない。

 

 

参考記事  自分のためにしていることが人のためになること

 

そうすることでより良い関係を継続したいと
数ヶ月ぶりに仲間と出会って感じた。

 

 

がんばろう。

 

 

 

ご覧頂きありがとうございました。

URL
TBURL

コメントする

*
*
* (公開されません)

Return Top