ダンス

8.23 ハウスイベント

8.23 ハウスイベント

【ダンスにキャリア等関係ない】

 

 

不定期に開催されるハウスイベント。
僕のチームメイトでもあるkazukiyo主催のイベント。
色々感じさせられるイベント。

 

 

何てすばらしいんだろう

何てステキなんだろう

何て最高のイベントなんだろう

 

 

もうそういった言葉しか出てこない

 

それぐらいみんなのダンスが自分の心にスーッと入ってきた。

 

 

ダンスはこうあるべきでしょって思わせてくれる。
ふと我に帰ると気づく。
見ていて自然に顔の筋肉が緩んでいることを。

 

 

言葉に出来ない何かが訴えてくる。
僕も一緒に踊っているかのように共感している。

 

 

「楽しい」
間違いなくそう思える空間であり、時間だった。

 

 

知っている人
知らない人
そんなものは全く関係ないし、必要のないこと。

 

 

みんなそれぞれのダンスtimeを見ている人に提供してくれた。

 

 

それをしっかり受け止めれてよかった。
受け止めるには十分すぎる内容だった。

 

 

勉強させられる。
正直、心底は適わないと思ったのが事実。

 

 

踊る上で大事なものって何だろう
見ている人に伝わる踊りって何だろう
自分の踊りって何だろう

 

 

そんなことを考えさせられる。
きっと僕よりも歴で言ったら浅い。

 

 

でもやればやるほどいつの間にか失われるものがあるだろうし、
自分の伝え方も変わってくる。
伝え方が増える分、コアな部分も出て来るし
先っちょの方で踊るようになる。

 

 

表現という大きな括りでみると、
本質をより感じたのは自分の踊りではなく、
みんなの踊りだった。

 

 

小手先のテクニックが邪魔だと感じる事がある。
逆にそれを欲する自分もいる。

 

 

どういった自分をその時、その場所で出していくのか
これにすごく悩まされる。

 

 

その時出た踊りが今の自分で、
それが事実でそれが結果。
でもそこで終わっては行けないと感じる今日の踊り。

 

 

素晴らしいものを見て体感したからこそ、
自分の力をリアルに感じた。

 

 

 

いつからだろうか

 

 

人の踊りをしっかりみようという姿勢になったのは。

 

 

生意気な事に興味を持たなくなっていた。

 

 

全てに興味を持つ必要はないし、
興味がなければ見なければいいわけだけども、
どんな踊りであれ同じ物は一つもないし、
メッセージが一人一人違う。

 

 

今日は自分にとって宝物がいっぱいだった。
と同時に迷える材料も見つかった。

 

 

何か前に進んでいる気がしない(笑)

 

そう思うということはそうなんだろう。

 

 

「こんなはずじゃない」ともどかしく歯がゆい状態。

 

 

でも残念ながらそれが今の自力。

 

 

みんなを羨ましく感じ、自分を悔やむ、そんな日だった。

 

 

 

また行われる日にはあなたにもぜひ、足を運んでもらいたい。
きっと何かが変わると思う。

 

 

 

ご覧頂きありがとうございました。

URL
TBURL

コメントする

*
*
* (公開されません)

Return Top